ギリギリな雨漏り修理

晴れ☀️が続くので、もう天気を気にせず優先するすべき仕事を存分に出来ます。

写真は、一階の下屋(棒葺き屋根)にアルミ製ベランダの柱が金属部材を台にして乗っています。

怪しい雰囲気がする部分は黄色の◯

原因は経年劣化⁉️屋根の一部が極端に腐蝕(棒葺きキャップ)しているのが発見される。

一階の軒先天井に水が流れる跡が見つかったと、家主さんからの要請を受け、軒先天井の上の部分が怪しいと判断しました。

スネ雄の見立てでは、1.棒葺きカバーの交換 2.垂木の交換 3.トタンの穴が空いた部分にシーリング 4.仕上げは塗装…この辺りの作業を予測して準備を整えてきました。

ベランダを少し持ち上げ、金属部材(土台)を引き抜き、その周辺を覗き込んでビックリ⁉️

棒葺きキャップの下地(垂木)まで腐ってる

ベランダの柱の土台と棒葺き屋根のカバーが密接した為に、トタンの一部がボロボロになって土化(つちか)していました。

一般的にはチョット🤏手遅れなレベル

棒のキャップだけでは無く、平トタンの一部分、その下の垂木や野地板もヤバいかも⁉️

屋根を解剖中に考え込んでしまいましたが、ここは雨漏りしない必要最低限のギリギリセーフな修理でいく事を決意。

棒葺きの棒キャップの下地を作成するのか第一の難関

キャップの下地(垂木)を固定する為の下地が無いと話にならない。

かと言って、豪快にトタンを剥がせるわけでは無いので、隙間から最低限の下地を作り、そこと既存の下地の数箇所をネジで固定します。

錆を落とし、下地を入れる

次は

朽ちた平トタンをどのようにカバーするかが第ニの難関

平トタンを折り曲げて、トタンのない部分の下側に差し込みました。

トタン同士を密接させるのはよく無いのですが、今回はベランダの床の下と言うのもあり、トタンを差して繋ぎ目は防水テープを貼ったら、上から塗装します。

トタンと防水テープを数回に分けて色付け

ペンキを数回重ね塗りしたら、棒葺きカバーを嵌めてネジで脇から固定。

最後にペンキの仕上げ塗りをして、表面が乾いたら土台を差し込み、ベランダの柱を乗せます。

これで雨が☔️屋根裏(軒先)に回らなければ大丈夫🙆‍♀️です。

完成しました。

当て逃げされた塀

当て逃げされてプラプラになっているフェンス&ブロックを部分的に直します。

当て逃げされたと、家主さんから連絡を受けて来た時…

時間的には1日で可能な仕事量ですが、モルタルの硬化時間などを考えて、隙間時間を有効活用しながら進めるつもりです。

実は、午前中に昨日の現場で半日作業を終えてからここに来ました。

柱を立てて、モルタルが硬化した頃フェンスを取り付ける。

両サイドの柱を事前に固めておいたので、上下に水糸を通して中間柱を糸に合わせる。

柱の下に入れたモルタルが硬化し始めた頃、1.8m×2mのフェンス(本体)を柱に引っ掛け、フックで固定すれば完了。

次回は左側も設置します。

いつも取り扱うフェンスよりも1m高いので、たった8mの設置でも半日掛かりとなりました。

さて、話しを当て逃げ現場へ戻して、今回は家主さんとの協議の結果…必要最低限の修理との事で、利用可能な部分はそのままでいきます。

絡めたビニールテープ及びフェンスを外し、ブロックを打診でチェックします。

幸いにもフェンスはそのまま使えそうなので、剥離又は砕けたブロック3本分を積み直します。

ダメな部分だけ取り除き、新規にブロックを積む

割れてしまったブロックを丁寧に省き、目地のモルタルをサンダーで削り、ブロックを詰める状態にします。

あとはブロックの小口をしっかり掃除したら、セメントを水で溶いた(ノロ)物を塗って、モルタルを乗せてブロックを並べる。

次回、隙間時間でフェンスを取り付けします。

高さと縦横のズレを微調整し、モルタルの水分が抜けた頃、目地と天端に鏝を通せば第一段階が終了です。

ヤブ蚊との格闘

午前中に穴掘り9本分

要領も得て段取りもスムーズでしたが、地面はボコボコだし、土質は粘土系で木の根が絡んみ、ヤブ蚊🦟が耳元でブンブンして、思うような作業が出来ませんでした。

そんなこんなで、右側のフェンスブロックも1日掛けて設置。

午後にフェンスブロックを備え付ける

この週は台風15号💨絡みで雨も多く、スケジュールが上手く消化出来ずでしたが、今週になってやっと晴れて☀️くれました


天気は続きそうなので、今日から慌てず思うがままに作業していきます。

久しぶりに暑さを感じる陽射し

本日は低予算でも見栄えよしなDIYウッドデッキを作る為に、基礎ブロック🧱を並べていきます。

尚、お客さんの要望に合わせた形のウッドデッキになります。

基礎(ブロック横向き)は、間口3.6m×奥行き1.5mで、高さは出来る限り持ち上げたいのでモルタルを盛ってブロックを乗せます。

奥が低く手前が高いので、奥は砕石を入れて土盛りしてからブロックを並べる。

通常のブロック基礎の1段目は、地面に半分埋め込んで、2段積みします。

今回は地面は掘削せず、現状の高さにモルタルを敷き、ブロックを等間隔で並べます。

1列7本のブロック🧱を3列作りました。

やはり基礎工事ともなれば、モルタルは予想以上に使います。

この状態で固めて、メッシュが剥き出した部分は、フェンス工事の時にでもモルタルを追加しておきます。

ブロック基礎

贅沢に補強する

連休明け、雨の止み間に調整を完了させる。

先週設置した鋳物門扉の微調整が終わり、連休明けからは、フェンスやデッキの工事に移行します。

敷地に入り、お隣りとの境界にフェンスを設置する為、フェンスブロック(基礎石)を配置します。

基礎石を並べる前

強度を上げる為に

通常はフェンス(本体)1枚に対して柱1本のところ、本体1枚に対して柱2本体制で行きます。

更に

風などの外部からの力に対抗する為に、転倒防止に基礎石の下へモルタルを絡ませています。

通常は砕石を穴の底に敷き、大ハンマー等🔨の重い棒状の道具で穴の底をドンドン突いて、基礎石を置いて地面に埋めるだけ。

先ず、ある程度の深さに穴を掘ります。

それに比べたら、今回はかなり屈強な補強になる筈です。

それを8m分なので9本埋め込みます。

基礎石の高さ(GL)はお隣のブロック塀を目安にしました。

こんな具合に反対側(建物挟んで右側)も8m分のフェンスブロック🧱も配置して行きます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。