タイルに続いてサイドパネル

火曜日の夕方の予報では、午前中は雨☔️の筈したが、雨が降るどころかお昼頃は太陽☀️が顔を出して暑いくらい💦

二棟目のタイル貼りが完了

擬木跡のタイル補修6箇所を、先代の指南を受けた遣り方で進め、セメントの乾き具合を見ながら、現場を一旦離れるイメージでした。

それどころか気温が高かった為、タイル下地の乾きが早過ぎて、昼休みものんびり過ごせ無いままタイル補修に追われた水曜日

ひとつ目の衝立

床の修繕工事が終わったので、次の工程は対角線上幅2m分の衝立を取り付けます。

通常はカーポートなどの脇の部分に取り付ける風除けや紫外線避けが目的のサイドパネル。

柱を立てる必要があり、柱の下はモルタルに絡ませたいので、また床が粉塵まみれになってしまう。

適度な長さに柱を切断し、梁に金具で固定したら、サイドパネルのフレームを組んでいきます。

ひとつ目で要領を得て手前のふたつ目を設置

請負主さんから指定された長さや高さでネジ留め、パネルをフレームに差し込んで完成。

要領を得られたら、2箇所目以降は作業は早いです。

二棟目は床の切断→柱の切断と発電機を使う作業を2箇所分同時に行って無駄を省きます。

同時に出来る事は同時に

午前中のペースでは、休息所二棟分の衝立4つの完成は厳しいですが、夏至を過ぎたばかりで陽が長いです。

焦らずしっかり4つの衝立を組み立てた後、足元にモルタルを絡ませました。

モルタルも目地を切ってタイル風

これから暗くなるので柱を触る人は居ないので、帰りたい気持ちを抑えて、モルタルの水引きを待ち、仕上げの鏝通しが出来るまで待つことにします。

仕上げは背もたれ付きベンチを取り付ける予定です。

休息スペースのリニューアル

某町営霊園内、屋外の休息スペースのリニューアルに伴い、擬木のイスを撤去します。

直径40cm×高さ40cmの椅子が12個あって

床のタイルと絡めてあるので、タイルもある程度は壊す必要が出てきます。

最初は擬木イスそのものを削岩機で崩して外します。

ほぼコンクリートの塊は、1200w級のハンマードリルでも細分化するまでに相当な時間(30分以上)を使うので、砕いて外すのは困難と判断しました。

2個目以降は、周囲のタイルを崩して、バールの先端で引っ掛けて剥がす方法に切り替えます。

転がし作戦に変更

30〜40分で、擬木椅子(ぎぼくいす)の半分(6個)は剥がす事は出来るのですが、この丸のままの擬木を、1人力でトラックの荷台に持ち上げる事が出来ません。

重過ぎるんです。

半分にしてもダメで、3分の1の大きさにして漸く持ち上げる事が出来ます。

結局、イスをタイルデッキから剥がすのは短時間で出来ますが、『持ち上げられる重さ』まで崩すので、

このままでは、解体だけで2日掛かる…

「このままではマズい」と、翌日からタイル補修と解体とに分かれて作業を進める。

下地の厚みを調整中

このタイルデッキで使用したタイルは、一般家庭用タイルと違って(もしかしたら年代が違う所為もある)ワンサイズ大き目で、請負主サンも入手出来なかったようです。

タイルの部分補修中

新しく設置するベンチの下?になるみたいなので、多分気にはならないと推測(工事だけで詳細は知らない)します。

本番を2日後に控えて

今日は久々に感じる暑さの中、コンクリート打ち込み準備を中心に作業を進めます。

前回は再生砕石を撒くまででしたので、プレートを走らせ締め固めをしてメッシュを敷き、排水枡や目地にテープで養生を施します。

およそ50平米分のコンクリートの打設準備中

手前の板は道路と敷地の境目なので、そのままコンクリートと一緒に埋め込みます。

近い将来に舗装のやり直しがあった場合、境界線で縁を切ってあれば、工事の際、こちら側が傷付く心配がありません。

アスファルトとコンクリートは相性が悪いのは承知で、道路側にもコンクリートを流しておきます。

各養生を終え玄武岩花壇も完成

表側の掘削で出た土は、とりあえず裏の通路へ運び入れて、石を拾いながら整地をします。

午前中は日陰の通路で作業効率UP

汚水管の蓋が地面とスレスレな為、管を嵩上げして仕上げの6号砕石を敷き詰めた時に、埋もれない高さになるように調整します。

ポスト📮の足元の花壇も完成し、建物の北〜東側の通路も整地をしてプレートで締め固めも終了。

防草シートと6号砕石を入れて完成

久々に暑いなぁと思う1日でしたが、コンクリート1回目(およそ5立米)の準備も整い、その他諸々の準備も完了します。

ターニングポイント

先週の頭から胸が詰まる様な現場が連続。

先が読めない工事や天候不順で延期していた作業、面倒で先延ばしにした工事、『今』やらなきゃ駄目な作業に現場のピーク(難所)を迎える工事などが揃いも揃ってしてしまった2週間。

前日は2ヶ月待たせた床の部分補修

先週の水曜日から始まった外構工事は、この日4日目を迎えます。

前回、仕切りの玄武岩が完成

来週に1回目のコンクリート打ち込みを予定していて、今日はその準備作業がノルマとなります。

今日は梅雨の晴れ間を最大限に活用して、地面を削り、低い部分を土盛りして、高い部分を削りながらコンクリートの厚みを調整します。

電気屋さんに配置してもらう間にポストを組み立てる

更に、ポスト📮も設置をします。

今回は手強そうなので、前日パイロットランプでお世話になったZ電気屋さんに応援を要請します。

この収納ボックス🧰付きポストが難敵でしたね。

スネ雄が独りで立ち向かって(組み立て)いたらおそらく1日掛かり…とても時間が足らない。

Zさんが居る間はポストの組み立て、その他の時間に地面を掘削してから砕石を撒く。

砕石と家主さんご満悦のポストの設置完了

この効率化された働き方で仕上がりイメージの先に抜けました。

心身共にプレッシャー⁉️だった10日間を切り抜けた事で、いつものペースに戻る事が出来ます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。