インスペクション実技セミナー

電車を乗り継ぎ2時間弱

jshiによるホームインスペクション に必要であろう道具の使用方法中心の講習に参加。

『えっ、こんなに必要なの?』

今回の講師は協会屈指の診断士K氏。

この人の講習は何が何でも受けてみたいと思っていて、募集を締め切ったと知った時は事務局に文句タラタラのメール📧を送り付けてやりました。

そんなメンバーも数人いたのか?午前と午後の2回のセミナーが開催され、クレーム効果か??午後の部に参加させてもらえました。

「事務局の皆さん、ありがとうございます😊」

1つ1つの道具を丁寧に解説してくれたカ○ネコさん
レーザー墨出し機、含水率測定器、サーモグラフィーカメラ

そして本題

最初は道具の数に圧倒されて、講師の目の前で『こんなに必要ないでしょう?』と、ポロっと出た時はムムッとされました💦

でも、Kさんの熱のこもった説明を聞くうちに、道具の数はどうしたら依頼者が喜ぶ事が出来るのか を追求した結果なんだと言う事が理解出来ました。

上記の動画は、茹だる様な暑さの中で行われた打診棒とクラックスケールの実践編です。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中