じっくり化学反応を待つ

「仕上がったばかりのコンクリートに刃を入れるのは気が引けますが…」

家主さんの要望で敷地の一角にカーポートを建てます。

柱が動かない状態の方が組み立てが楽チン

ここに限っては時間を掛けて組み立てする予定です。

柱が固まている状態なら作業は楽なのですが、誤った方向で固めると取り返しがつきません。

高さ、水平、垂直、直角

突っ張ったり、引っ張ったり、叩いたり、捻ってたり出来る限りの行動をしながら

何度も、何度も、しつこいと思うくらい念入りに見直します。

仕上げて1週間の時間差のあるコンクリート表面(奥と手前)の雨の濡れ具合に注目

翌日

朝から薄曇りでズゥーンと寒く、更に追い討ちを掛ける様な小雨🌂。

少し力を加えても大丈夫になった柱に、梁や垂木など差し込んで組み立てて行きます。

通常なら続けざまに屋根(パネル)を張れば完成ですが、

気温が低くて柱に絡めたモルタルの硬化スピードも微妙。

今夜は雪の☃️予報も出ているし、万が一、屋根に雪が積もって翌朝カーポートがお辞儀でもしていたら洒落になりません。

ここは、事務所兼作業場から歩いても通える場所です。

もう1日だけ

じっくりとモルタルが硬化して行くのをグッと堪えて、仕上げは翌日に持ち越すことにしました。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中