現場レポート

雨の進路相談

草取りしてもらった後、掘削作業スタート

雑草の暴動から解放される為に、庭の一部にコンクリートを流し込みます。

敷地内のコンクリート(及びアスファルト)は、外気温を20度近く上げるのからお勧めはしないのですが、

2000年代の建物は断熱性が高いので、照り返しとか気にならないのでかもしれませんね。

それより、「庭の除草作業がたいへん」とのこと。重機などは搬入は出来ませんが、スコップと一輪車による掘削が始まる。

そこで、問題が一つ発生

『雨が降った時、その水を何処に流すのか?』です。

建物のテラスや玄関タイル、庭の土の高さとの兼ね合いもあり、相方と雨水の進路についてしばらく考え込んでしまいます。

水勾配を確保する苦肉の策

そして、生み出された答えは

割れ止めと水勾配の兼用定木

格好は良くありませんが…先代から伝承された定木を使った道筋の確保です。

時々、雨は降ってくるものの、動きを止めるまでの威力は無く、庭の掘削から枠と砕石敷きまで出来れば、来週中にはコンクリート流せると思います。

雨の進路相談” への2件のフィードバック

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中