貸借りを作る

玄関から駐車場へ向かう6m程度のアプローチ。

玄関アプローチ作業前

ここに枠を組み踏み石のイメージでコンクリートを流すそうです。

今日も暑かった。

この現場、日中はほぼ日陰が無いので、ただそこにいるだけで辛いです。

アプローチの掘削は請負主のM工業でやってくれるので、スネ雄は貫板で枠を組んでいくだけです。

木枠を組み整地

間口は通路に合わせ(およそ130cm)、幅は60cmに統一し、10箇所程フレームを組みました。

翌日のコンクリート流しはお役御免だったのですが、お客さんからの無茶振りに顔色が冴えないM工業さん。

役目を終えて満足したのも束の間

チョット彼を見ていて、可哀想に感じてしまい、帰宅後に予定を入れ替え差し替えして、仕上げ作業も受ける羽目に…。

翌日現場に到着すると、庭木や花🌼が配置され、現場の締め切り感が出ちゃってます。

土壇場で予約したコンクリートは、予定時刻よりも20分遅れに到着し、慌ただしく作業が始まる。

コンクリートの硬化は予想以上に早いと思われ、木枠の中へコンクリートを手早く流し、後でじっくり表面に鏝を通し、それを数回繰り返して仕上げる方法で1時間半。

造園屋が庭木を植えてしまって

昼休みは取り敢えず先送りにし、10分未満の休憩を挿み、仕上げの刷毛引き&金鏝仕上げに取り掛かる。

それでも最後の方は、表面が乾燥し、硬化が始まっていて、鏝を水で濡らしながらの表面仕上げとなります。

木枠が目立ってます。誰が組んだのかな⁉️

午前中のほんの1〜2時間🕐の出来事ですが、現場もお盆休暇前に形が出来、パートナーへの義理も果たせました。

自分の中の罪悪感もスッと消えて、心置きなく次の守谷市の現場に向かいました。

投稿者: スネ雄

最近連載を再開したアニメの影響で始めた野球では、イレギュラーで情熱が持てなかった幼少期。 中学生の頃「他人が真似出来ない事をやりたい」と文集に書き、県内で4校しか無いマイナーな部活で現状を知った10代。 仕事以外でも何か『生き甲斐』が欲しくて、水に絡む運動で派生していって、行き着いた先がウインドサーフィンでした。 運動神経は良い方ではありませんが、身体を動かす事は好きで、「技術が有れば生きて行けるのでは?」と言う、安易な考えで職人の世界に入って、もう、四半世紀。 先代が一貫して継続していた、お客さんとの『昔からの親友』の様な姿勢が、自分にも出来ないか?日々模索しています。 日々情報を更新しているサイトを通じて、ウチのサービスが沢山の人目に留まり、欲してる人達に拡散してくれたら嬉しいです。 2018年6月から独立し、便利屋業20年目にして『住宅診断』や『DIYのコンサルティング』にも参入します。 『沢山の人に』と言いつつ、活動エリアは千葉県と茨城県との県境で、事務所(利根町立木)から車で1時間圏内に限定しているのですが… お陰様で、お問い合わせを頂いてから、工事に至るまで常時1ヶ月半待ち、年間の案件は220件を超え、1人力ではチョット限界を感じています。 ブログを開始して10年を越え、この『主観的視線』の2ndブログを『ガテン系コピーライター』として、あなたの目が釘付けになる様に更新しています。 人生80年で半分が経過し、周囲には「今が1番良い時期」と、言われて、『嬉しいような、物足りないような』気分で日々、前に前に進んでいます。 引き続き主観的なblogをお楽しみください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。