U4kunuma水上クラブ

連休最終日、ウチも新天地から初出艇を試みました。

カッパの小径を降りると枯れた葦が岸に集まりモコモコした絨毯のよう

岸から歩いておよそ80m沖まで水面は胸の高さ

岸から沖に80m程は歩いて、水面が大人の胸の高さ

そういえば、ウインドサーフィン中に流された時、道具を引いてこの辺りを歩いて戻ったこと思い出しました。

午前中は小学生がSUPする穏やかな牛久沼

お昼頃から風が入り、ハードなコンディション下でのスクール

この後、風が9m/s前後に安定して7.5m2+125Lのレーシングセットを借りてエントリー。

本人は然程に感じていなかったのですが、

  • ハードな北条での1km未満のプレーニング
  • 若過ぎる上司の元で3時半にも及ぶハードワーク
  • 周囲に好印象を与える為の過度な家族サービス

など心身にダメージが蓄積した40代の身体は、大き目のリグとフラット目な牛久沼でも辛い荒業にしか感じない。

充実し過ぎて、早く日常に戻りたい連休後半でした。

小学生の指揮官

館山合宿の翌日

岡◯農園で種籾(タネモミ)を蒔く作業のお手伝い。

本日、将来を有望視される若手2人も加わり、今シーズン4回目(最後)の種蒔きです。

作業は順調過ぎて『笑っちゃう余裕』も飛び出す時間帯もあり。

現場を指揮する若過ぎる監督の、怒りを超えて笑えてしまう無茶な案件や難題も父親の視線で無難にクリア。

ウインドの遠征費用を捻出するのに、深夜のアルバイトで体得した、年下の上司との付き合い方がここで生きました。

ハウス2箇所分を苗床で埋め尽くし終了です。

館山で合宿

GW後半戦は北条海岸で1泊2日の合宿。

昨年は日帰りでしかも、スネ雄が体調を崩すし、帰りは大渋滞で家族に大迷惑を掛けたのは今でも覚えています。

海に来たと言っても、ウインドサーフィンが中心の合宿ではなくて、友人家族と再会するのがメンイかな。

と、言ってもウインドは借り物(映像は持ち主のセイリング) でしましたけど。

真っ黒のスラロームセイルとボート5.8m2+100L で3往復

こんな筈じゃなかった

5.台で滑走するスピード海面で、心臓がキュ〜ゥとなって、セイルを引き込みきれず、今日は諦めました。

年に数回、海水浴に来る中年オヤジ化した自分は、あの頃の様に海面を走れるのかなぁ。

残念ながら、コレが現在の立ち位置だと認識した瞬間です。

満を持して仕上げ

朝のルーティン時、足を滑らせ転落した事を思い出した。

掃除から下塗りまで通い続けて、屋根の急な勾配にも慣れてきた矢先の出来事。

急に不安になって心の中がザワザワし出したが、家族の皆さんはいつも通り。

さて、

雨で延期になって、養生期間1日を経て、残り170m2の仕上げ塗りを2日間で行います。

雨で☂️キレイになった屋根が、既に野鳥のフンに侵されている。

勾配の緩い1階を社長に譲り、スネ雄は勾配のキツい2階屋根の仕上げ塗りに着手

ジリジリ照り付ける日差しと、

ジワリジワリと足裏を焦がす熱、

そして徐々に脚力を奪う急な勾配

2階屋根を1日コロコロしてると下半身がダルダルです。

ところが、この日は曇りの時間帯が多く体力の消耗は少なく、夕方想定していたにわか雨も無く。

艶を引き出す為の仕上げ塗りは下塗りの半分くらいの時間グイグイ塗れるので作業スピードが早い。

1日で120m2程塗り上がり、ご覧の様に仕上がりも良好。

日差しが出れば屋上は

ペンキを塗ったそばから蒸気がモワッと出て、確認しないと塗り継が分からないほど渇きます。

2日目は暑かったですが、悪夢も起こらず、足裏の皮が捲れる事も無く、無事に作業終了です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。